Google Adsenseの審査合格に必要だったこと。最低記事数で審査をオススメ?!

Google Adsenseの審査合格に必要だったこと。最低記事数で審査をオススメ?!
Pocket

やっとGoogle Adsenseに合格しました。

今回この記事ではGoogle Adsenseに審査の合格に必要だったことをまとめて見たいと思います。Google Adsenseに申請してみようかなと考えている方や、Google Adsenseの審査で立ち止まっている方の参考になれれば嬉しいです。

Google Adsenseとは?

Google AdsenseとはGoogleが提供している広告システムでホームページにGoogleが提供している広告を載せ、ユーザーにクリックしてもらうことで、収益が発生するシステムですね。

Google Adsenseは単価は低いですが、クリックしてもらうだけで収益が発生するので、初心者の方にもオススメのサービスになります。

Google Adsenseの審査申請の準備

このブログで具体的に何を準備してGoogle Adsenseの審査に準備したのかを説明していきたいと思います。

  1. ドメインの取得
  2. サーバーの契約
  3. コンタクトページの作成
  4. プライバシーポリシーページの作成
  5. 記事の準備
  6. ポリシー違反の確認

上記が主にGoogle Adsenseの審査合格までに行った事になります。

1のドメインの取得と2のサーバーの契約ですが、サーバーは慣れているスターサーバーで契約してドメインはお名前.comで取得しました。

お名前.com

Google Adsenseでは、サブドメインやサブディレクトリでは申請できないので、新規でドメインを取得しております。

3のコンタクトページと4のプライバシーポリシーページですが、ワードプレスで、このブログを制作しているのでコンタクトページはプラグインのContact form7を使っています。プライバシーポリシーページは参考サイトを拝見し、このブログ用に書き換えて使用しています。

簡単にですが、1〜4までの説明は上記で終わらせて頂きます。次の見出しでは具体的な記事数や文字数を説明していきたいと思います。

具体的な記事数や文字数は?

僕はGoogle Adsenseには、3回目で審査に合格しました。3回目の審査まで実は単純にコンテンツ不足で価値の低いコンテンツという理由で不合格でした。

3回目で申請した時の記事数と平均文字数です。3回目の審査申請までちょこちょこ記事を増やしていき、ようやく10記事で平均文字数も1120文字まで上げました。また、カテゴリーメニューに記事が入っていないメニューがあったのですが、そのカテゴリーメニューに記事が入っていないカテゴリーは削除しました。おそらくそれが、価値の低いコンテンツと思われたり、制作したばかりのサイトと思われてしまうみたいです。

3回目のGoogle Adsense申請時

記事数10記事
平均文字数1120文字

3回目のGoogle Adsense合格時

記事数15記事
平均文字数1232文字

記事数としては、10記事で文字数としては平均で1000文字を超えていればGoogle Adsenseに審査申請してみても良いかと思います。

ポリシー違反の確認

記事と文字数まで整ったら、あとはGoogle Adsenseのポリシー違反に該当しないように注意しなければなりません。僕の場合、Google Adsenseの前にAmazon アソシエイトにも審査申請をして合格したのですが、その際にアニメソングをYoutubeから記事に埋め込んでいたり、アニメのスクショなども記事に載せていたのですが、ポリシー違反に該当したので削除しました。

また、カテゴリーメニューに記事が入っていないメニューは削除しました。上記でも述べたように未完成のホームページや価値の低いコンテンツと思われてしまうからです。

上記の2つのポリシー違反をクリアにして記事数を10記事、文字数を平均1000文字以上にするとAmazonアソシエイトに合格したのですが、同様にGoogle Adsenseにも、Amazonアソシエイトに合格した状態で審査申請したらGoogle Adsenseにも合格しました。どっちかが合格できれば、もう1つも合格できるかと思います。

最低記事数で審査をオススメ?!

よく記事数を30記事とか50記事で申請した方が良いなどの意見もあるかと思いますが、僕は最低記事数で審査申請することをオススメします。

なぜかというと、

  1. ポリシー違反を見つけやすい
  2. ポリシー違反を潰しやすい

10記事でポリシー違反を見つけて潰すのと、50記事でポリシー違反を見つけて潰すのでは、確実に10記事の方が楽ですし、ポリシー違反を確実に潰しやすいですよね。50記事にもなるとコンテンツ的には不足はしないと思いますが、ポリシー違反を意識しないで書き続けていると、どの記事が違反しているのか、分からなくなってしまう可能性が高いです。

なので、僕は最低記事数でGoogle Adsenseに審査申請することをオススメします。僕は1ヶ月目がちょうど終わった頃にGoogle Adsenseが合格し、Amazonアソシエイトにも合格出来たので、まずまずの滑り出しなのかなと感じております。

これからは、読者のためになる記事を意識し、質の高いコンテンツを提供していきたいと思います。あとは、ちゃんと続けることですね。

頑張って書き続けるよ〜

Pocket