TOEICテストの今までの結果と今後の対策【第一回】

TOEICテストの今までの結果と今後の対策【第一回】
Pocket

こんにちは。5月半ばになり、日中暖かくなってきましたね。

今回新しいトピックとして、TOEIC点数アップの記事を書いていきたいと思います。

TOEICの受験結果を追って、皆さんの励みや参考にして頂けると嬉しいです。

TOEICの点数の目標

さて、この記事のタイトルにも書いてある通りで僕の個人の目標として

2019年9月のTOEICの試験で700点を目指したいと思います!

なぜTOEICなのか?

今回、僕がなぜTOEIC700点を目指そうと目標を立てたのかというと、理由は2つあります。

  1. 転職時に履歴書に書ける資格
  2. 海外に興味があるから

この2つの理由になります。

1つ目の転職時に履歴書に書ける資格ですが、僕は転職活動をしていて強みになる資格やスキルがなかったのですが、実際に転職活動をしていると自分の強みになるスキルや資格がないと難しいことが分かりました。

英語を活かして仕事がしたい!という思いはそれ程強くないのですが、企業の昇進だったり昇格の要件としてTOEICの点数が設けられていたりもしていてTOEICの点数を持っていてメリットはあるんじゃないかと考えています。

また、現在は転職している期間で割と時間にも余裕があるので、この時間を活かして資格を取りたいと考えております。

2つ目の海外に興味があるというのは、現在日本も国際化が進み海外の方も多く日本に来るようになりました。実際に僕も外国人の友人がいるのですが、そんな友人と難なくコミュニケーションを取って仲良くなりたい!と思ったからです。

また海外に行った際にも英語が使えて理解ができると、より海外を楽しめるでしょう。

英語を学ぶことにそう行ったメリットがあると僕は考えています。

そこで、英語の資格としてTOEICは有名ですし、ビジネス英語や日常英会話などが試験でも出てくるのでTOEICの試験は英語力の向上を目指す上で1つの指標にもなると思いました。

Advertisement

今までの受験結果と現在のTOEICの点数

大学卒業後、転職活動の際にTOEICを再び受けるようになったのですが、何度か受けています。過去の点数を振り返ってみたいと思います。

大学生の時 420点

受験時期リスニングリーディング合計点
2017年12月190点180点370点
2018年3月295点200点495点
2018年9月265点245点510点
2018年12月280点300点580点

今までに受験した結果がこんな感じですね。

僕は大学生になって、英語のクラスを分ける時の試験であまりにも英語が分からなくて一番下のクラスの基礎英語クラスになったのを覚えています。(笑)

英語に取り組む思い

元々、大学の半ば後半ごろから留学生と交流し始めて、英語に興味を持ち始めました。留学に行きたかったのですが、僕は色々な理由で行けなくて、留学に行ける人を羨ましく思っていました。

親に負担をかけてまで留学に行く気はなかったので、その時は留学を諦めました。

そして僕の心の奥底深くで、

留学に行ったことがある人に英語力で勝って見返してやりたい!

負けてたまるもんか!

という反骨精神が生まれました。(笑)

なので、TOEICで高得点を目指すモチベーションとしても維持できているのかなと感じています。

行動目標

TOEIC試験日の9月まで、残り4ヶ月

現在は580点で目標点数は700点なので、120点のアップを目指す。

580点の点数を取って以来、英語から離れていたので、まずは、英文法の復習と英単語の復習をしたいと思います。

1ヶ月半で英文法と英単語

その後で、イディオムだったり、リスニングの聞き取り、実際の過去問を解いたり時間配分の練習をやっていきたいと思います。

行動目標は随時、様子をみながら進路変更を行っていきたいと思います。

使用しているオススメのテキスト

2017年12月に大学卒業して初めて受けたTOEICテストは370点でした。

そして、一年後。

2018年12月に受けたTOEICテストは580点でした。

1年間で210点上がったということになりますが、僕がそれまでに使用したテキストを少し紹介します。僕と同じような境遇の方にはオススメですね。

TOEIC TEST英単語スピードマスター

TOEICテストはTOEICに出る単語がありますね。その単語が品詞別で載っていたり、ビジネス語や生活語などの分野に別れて載っています。

TOEICテストに出る頻出英単語に絞っていて、この本で800点から900点程度をカバーできるみたいです。ちなみに基礎的な英単語はデータベース3000で復習しました。

ALL IN ONE Re-Start

【中古】単行本(実用) ≪語学≫ ALL IN ONE Re-Start / 高山英士【中古】afb

文法に関してはこの本を使用しました。730点までの文法であればこの本で対応できるみたいです。この本はレッスン別で例題や使い方、説明がしっかりと書かれていて、長々と書かれていないので読みやすいです。

僕の場合だと、難しい言葉で長々と説明が書かれていると読む気も失せますし、理解もできないので、その反面この本は僕にあっていると感じました。

英熟語ターゲット1000

英熟語ですがTOEICテストの頻出英熟語は最初に紹介した英単語スピードマスターにも載っています。しかし、僕は今まで英語を勉強していなく、英熟語にも全く触れてこなかったので、この本は基本的な熟語がカバーできるので使用しています。

公式TOEIC Listening & Reading問題集(3)

実際のTOEICテストの問題に慣れるために、この公式問題集を使用しています。

やはり、公式のTOEICテストの流れや解き方、時間配分はかなり重要だと感じています。僕も公式問題を解き出して流れに慣れてくると、気持ち的にも余裕が出てきますし、点数アップに繋がる要素になってくると感じます。

考察

TOEIC700点を目指すための最初の記事でした。

120点の点数アップを目指して頑張っていきたいと思います。

反骨精神でTOEICの点数を向上させて良い結果をこのブログの記事として書けるように9月のテストまで頑張っていきたいと思います。

次の記事では勉強した内容など書いてテストに向けて取り組んでいきたいと思います。

Pocket