webデザイン

実務未経験のWebデザイナーの役に立つWebデザイン知識【デザインの基本原則 - 整列 -】

2021年11月12日

未経験のwebデザイナーの役に立つwebデザイン知識

今回、この記事では、実務未経験のWebデザイナーの役に立つWebデザイン知識をご紹介したいと思います。

今回、ご紹介する4つの基本原則を覚えておくと、転職や仕事探しの際に必要になる、ポートフォリオ作成やWeb制作、デザインカンプやバナーを作る際に役に立つかと思います。

また、今回ご紹介するデザイン知識は、パワポでの資料作成などにも役に立つ知識なので一生使えて役に立つ知識になります。

そのデザイン知識を画像を交えながら、イメージしやすいようにご紹介していきます。

4つの基本原則

まず、4つの基本原則の4つは、「近接」「整列」「反復」「強弱」があります。

この4つを意識してWebサイトやバナーのデザインをレイアウトすると情報を認識しやすく、ユーザーに伝わります。

今回は、4つの基本原則の「整列」についてこの記事でご紹介します。

その他のデザインの基本原則についての記事は以下になりますので、合わせてご拝読されてみてください。

こちらもCHECK【近接】

未経験のwebデザイナーの役に立つwebデザイン知識
実務未経験のWebデザイナーの役に立つWebデザイン知識【デザインの基本原則 - 近接 -】

続きを見る

こちらもCHECK【反復】

実務未経験からWebデザイナーへの転職 デザイン知識 反復
実務未経験のWebデザイナーの役に立つWebデザイン知識【デザインの基本原則 - 反復 -】

続きを見る

こちらもCHECK【強弱】

実務未経験からWebデザイナーへの転職 デザイン知識 強弱
実務未経験のWebデザイナーの役に立つWebデザイン知識【デザインの基本原則 - 強弱 -】

続きを見る

整列について

整列の基本原則の目的は、統一化です。統一化させるだけで美しく見やすいデザインになります。

縦線や横線など、見えない基準線を意識してレイアウトすると「整列」の基本原則により統一感のある美しいデザインになります。

以下がその例えになります。

実務未経験のwebデザイナーに役立つwebデザインのデザイン基本原則

左右を比較してみると、「整列」の効果や重要性が分かりますね。

どちらが美しく、見やすいデザインか、瞬間的に見ても右のレイアウトが良いですよね!

「整列」で重要なのが、見えない基準線を意識してあげることです。

見えない基準線(縦線や横線)に従ってページ上の全てのコンテンツを意図的にレイアウトし統一化すると美しいデザインになります。

これが「整列」です。

また、整列により視覚的に関連性を持たせることができるので、視覚的なグループ化の認識にも繋がります。

未経験のWebデザイナーを目指す方は、ぜひ「整列」を意識して、デザインカンプやバナーを作成してみてください。

また、転職や仕事探しの際に、ポートフォリオも制作されるかと思いますが、ポートフォリオ作成の際にも今回のデザインの基本原則を活かして見てください。

きっと採用担当者の方も見やすく、美しく、伝わりやすいデザインになるかと思います。

きっと今までと違う良いものができるはずです。応援しております!

デザイン関連のオススメの書籍

デザインをマスターするとクリエイターとしての幅がとても広がります。

デザインができると、動画制作の際にも役に立ちますし、Web制作や資料作成など様々なところでそのデザイン知識は活かせます。

デザイン知識が身に付くオススメの書籍をご紹介させて頂きます!

ノンデザイナーズ・デザインブック

created by Rinker
¥2,398 (2021/11/27 05:55:03時点 楽天市場調べ-詳細)
185d3da6.19f2fadf.185d3da7.b8700ba2

この書籍は有名な書籍ですね。デザインの4つの基本原則について、具体例を交えながら解説されております。

この書籍を見れば、デザインの4つの基本原則についてマスターできるので、ライバルと差をつけることができるかと思います。4つの基本原則を身につけて、ぜひ、デザインカンプやバナーなどを作ってみてください。今までの自分と違った統一感やユーザーにとって見やすいデザインになるかと思います。

今後も実務未経験のWebデザイナーを目指す方に役立つ情報を掲載していきたいと思います。

JUN
ご拝読ありがとうございました!

Jun

28歳|ホームページ制作|コーダー兼デザイナー|毎月2回程度フットサル|フリーランス|映画好き|Twitterでも活動中!フォローもぜひぜひ( ^ω^ )

-webデザイン
-, ,